気楽に語ろう☆ 創価学会非活のブログ☆

創価学会の非活メンバーによる語り

「創価学会仏」って何ですか?



またも会則改正ですか。

しかし今度の会則改正はいったい何ですか?
創価学会仏」ってどーゆーこと?


未来において創価学会
仏の記別を受けるかもしれないという
戸田会長の指導があったことは
有名な話ですが、



「大聖人に直結した
広宣流布遂行の和合僧団である創価学会は、
それ自体、仏そのものであり、
未来の経典には『創価学会仏』の名が
記されるであろう。」


戸田会長の言葉を引用して、
自分たちが仏意仏勅の団体であり
創価学会仏」であると会則に制定して
何をしたいんですかね。
私には殊更に
自分たちの権威づけを図って
自分たちの正当性を主張したいとしか
見えないんですが。



しかも日蓮の御書にも依拠せず
「未来の経典」ですって。
もはや新興宗教ですよ。




教義の再生もしないまま、
創価学会の権威づけを図り
なんら文証に依拠することなく
徒らに正当性ばかりを主張するだけの
つまらない団体になりました。



今回の会則改正は
三代会長の権威づけ、
創価学会の正当性の主張、
それだけであり、
その根拠は何も示されず
ただ
「戸田会長がそう言ってるから」
「池田先生がそう言ってるから」
そうしただけという




で、そんなくだらないことを
聖教新聞の一面に大々的に載せるって
感覚がどっかおかしいとしか思えません。
笑うしかないですが、
恐らく原田会長も谷川さんも真剣なのかも



もう学会にはそれしか教義がないんですよ
池田先生しかないんですよ
他に創価学会を権威づけるものが
もう何も残ってなくて
学会が新しい何かを生み出せる力さえ
残ってないんですよ。
新たな教義も生み出せない。
生み出せる人材もいない。
会員を納得させる教義も生み出せない。
後は三代会長の神格化による
組織の形骸化が待っているでしょう。




勝手に形骸化した池田先生の教えでも
弘めていってくださいな。
創価学会は私にはもう関係のない団体です
日蓮の教えなどどこにもない
今回の新聞の2面の原田会長の指導に
御書の引用が一ヶ所もないことにも
驚き呆れてしまいました。
日蓮直結の団体でも何でもない
御書根本でも何でもない
「御書根本」なんて
口で言ってるだけです
あるのは経文にも御書にも依拠せず、
「三代会長」という人師・論師を
根本にすることでしか
自らの権威を主張できない、
形骸化した新興宗教団体の哀れな姿です。




追記:
「三代会長」の敬称を「先生」にするとのこと。創価学会員は「牧口先生」「戸田先生」「池田先生」と呼称してきました。
これらは単に偉大な人というより、尊敬する師匠に親しみも込めて「先生」と呼んでたんだと思いますよ。
自分たちの心を知ってくれている師匠がいると思えたからこそ、その人を「先生」と呼んで尊敬していたわけです。
事実、池田先生以外にも「先生」と組織で呼ばれていた幹部もいました。
少なくとも私は「柏原先生」と昔、呼んでいましたし、「辻先生」「和泉先生」「原島宏治先生」と呼んでた人もありました。
決して「牧口先生」「戸田先生」「池田先生」だけに限定されていたわけではないです。河合一さんのことを「河合先生」と呼んでた方も実際いました。
ですから、「先生」という呼称を無理に祭り上げる必要はないと思うんですけどね。
要するに三代会長以外は「先生」とは呼ぶべきでないとする、その伏線なのかと勘ぐってしまいます。