読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気楽に語ろう☆ 創価学会非活のブログ☆

創価学会の非活メンバーによる語り

話を聞けない創価学会

自分と違う世界を見ようとしない。

自分と違う思想を聞かない
創価学会の方って多くはそうですよね
「そっか、そういう考え方もあるのか」って
そういう風にはならないんですよ



例えば日蓮のこの思想は
こういう風にも考えられますよとか
池田名誉会長の法華経の考え方なら
こうもとれますよねとか
そんなことを言おうとすると
多くの学会員は耳を塞ぎます
「今、大切なことは
今の池田先生の指導なんだ」とか
「だから選挙戦一緒に頑張ろう!」とか
「闘う心があって初めて御書なんだ」とか
違う問題にすり替えてしまうんですね




こういう風潮って困ったもんですね
学会員さんって
自分たちの考えるようには考えない人を
拒む、異端視する、邪教扱いする
「忘恩の徒」とか「反逆者」とか
レッテル貼りも好きですよね
もちろんそうでない学会員さんもいますが、
ほとんどは少数派で活動家ではない
学会幹部の多くは
自分たちの考える解釈でしか
教学を受け付けないし
全てを池田先生にすり替えてしまうんです




何を言っても効果がないと思えば
こちらもあまり本当のことは言いたくなくなる
そういうもんです




それで非活動家が増えているんです
活動家が減ってるんです
「ああ、この人たち、言っても無駄だ」って
学会員はそう思われてるんですよ。
それって決して創価学会の教勢拡大に
マイナスにはなってもプラスにはならない
でもそんなことさえわからないんだよね
学会員さんって。






私が本当に主張したいことって
日蓮本仏論の見直しではありません
御本尊問題でもありません
今の創価学会の組織の問題でさえもない
本当は別のこと、
新しい日蓮の思想の可能性を探りたいんです
多くの方が日蓮の思想には
もはや未来の可能性を見出していない
けどそれをやりたいんです、私は。




具体的には総勘文抄、当体義抄
立正観抄の再解釈から
新しい日蓮の像を提示したいんです
これ以上はここのブログでは書けませんが、
今その論文を少しずつ書いてます。
だけど一人でできるなんて思わないんです
いろんな人の意見を聴きつつ、
最も普遍性のある解釈を
提示してみたいんです



創価学会の将来のためにと書いてるんですが、
けれど異端視され、危険思想扱いされて
創価学会の皆さんに見向きもされず、
かえって罵倒され、悪口言われるだけなら
学会員さんに教える必要もないし
何もそんなここのブログで書く必要もないし
自分と真の仲間たちだけがわかっていれば
それでいいって話になります




つまりそういうことが
今の創価学会にはできない
議論の下地さえ形成できない
誰か一人くらい地域に話聞ける人が
いるんじゃないかなって思ったんですが
地元組織には誰もいない
創価学会員さんは話を聞きませんね。





別に日蓮本仏論の見直しなら
宮田さんとかいろんな人がやってるわけです
私は私のやりたいことがあって
今、そのための準備をしているんです。
本仏論について書いてるのは
教義の根幹ですから触れてるだけで、
本当の意図は別のところにあります







で、創価学会が早晩倒れるでしょうから
その時にでも私の持論を
提出すればいいのかしら
でも今の学会幹部で私の論を
まともに受け取る人って誰もいません



まあ時を待つしかないのかなと思います。
それにその「時」がやってこないのなら
所詮私のやったことなんて
大したことではなかったってことでしょうから




私のように考える人、
また私のように考えない人、
いろんな人がいて
いろんな解釈を提示できると思うんですが、
その多くの考えを受け入れることができない
地域組織の会員・幹部でさえも
新しい解釈を提示しただけで、
異端視されたり、拒否されたりする
そんな組織に未来なんてないと私は思います。



私の考えだけではなく
いろんなことを考えてる
非活動家の中にたくさん埋もれています
それを掘り起こすには
「聞く」ことが大事ですけど
今の学会員さんは「聞く」ことができない
経文の冒頭は常に
「如是我聞」で始まるのにね



その意味で
信濃町は多くの人材、多くの思想の鉱脈を
自ら失っていると思います。