気楽に語ろう☆ 創価学会非活のブログ☆

創価学会の非活メンバーによる語り

日蓮本仏論の弊害

個人的見解ですが、
日蓮本仏論はもはや
弊害の方が大きいと考えています。




そもそも日本国内の日蓮系各派には
全く相手にされず
失笑されている





歴史的な仏教の開祖の「釈迦」より
日蓮が上であるという考え方は、
結果、仏教それ自体を学会員自体が
学ぼうとしないという結果を
生み出していますね。


釈迦なんてどーでもいいと
こーゆー思考回路に
なってしまうんですね



で、呆れ返る実態ですが
実際、活動家の多くは
仏教自体を学ばない。
池田思想ばかり学ぶので
日蓮自体も学ばない
みんな学ばない。




それじゃ日蓮門下とも呼ばれないでしょ
日蓮本仏論なんて言えないよね 
自分の言葉で御書なんて
学会では誰も語れませんよ





SGIでは少なくともHP上では
日蓮本仏論を教義として採用していない
日蓮本仏論を基本採っているのは
日本の創価学会だけです
海外ではブディズムの開祖は釈迦であって
それより後のものを
釈迦より上に立てるという教義は
世界的に見てもセクトでしかなく
ブディズムという対外的評価を得られない





いつまでこんな
日蓮本仏論なんて過去の遺物に
固執するんですかね
ただの日蓮正宗の教義ですよ
いつまで日寛の亡霊に擦り寄るんですか
それなら創価学会はまだ
日蓮正宗に戻った方がいいさ
その方がまだ教義として一貫性を保てる



早く日蓮正宗から離れましょ
日蓮本仏論なんてどーでもいいよ
そんなの








そんなの未だに固執してるから
創価学会の人たちは
みんな仏教を学ばないのよ
外から笑われて
内側では
学会幹部なんて誰も御書なんて
学ぼうとしてませんって




国内の日蓮系の宗派からは
誰にも相手にされず
三つがなんかやってるよって
思われて終わりってさ。





日蓮仏法も学ばない
遺文も読んでない
法華経も読んでない
釈迦のことも知らない
天台智顗なんてもっと知らない
龍樹なんてもっと知らない
たまに叫ぶのは池田先生
今の学会の活動が
日蓮の遺文に照らして
どういう意味があるのかなんて
考えようとさえしてない



公明党支援の意味も
家庭訪問の意義も
友好対話の意味も
日蓮の御書に照らして
どういう意味があるのかなんて
誰も考えようとさえしない




口を開けば
池田先生、池田先生しか言わない





そんなんで
法華経を信じているなんて
言えるんでしょうか
日蓮の門下なんて
言えるんでしょうか



最初の話に戻りますが
日蓮本仏論を採ったことで
学会は仏教それ自体を
学ぼうとしなくなりました
挙げ句の果ては池田思想ばかりになって
日蓮のことさえ
学ぼうとしなくなりました





日蓮系教団と
SGIを見習って
釈迦本仏論にすればいいじゃないですか






それでも日蓮本仏論をとるというなら
学会本部はSGIを今後説得し
HP上の教義説明を書き直させる等の
指導をしないと筋が通りません
釈迦本仏論をとってるのは
宮田幸一氏というよりも
その前からSGIがすでにその立場を
とっているんですから
それを創価学会本部が
ある意味黙認していたわけです。




宮田幸一氏の問題意識は実はそこにあるのさ
このSGIとの矛盾をどーすんだよと。
宮田氏の批判をするなら
それは自由ですけど
今後SGIをどう指導するのか
どうやって日蓮本仏論SGIに浸透させるか
HP上の教義は実際に書き直させるのか
その具体策を明らかにしてほしいですね











広告を非表示にする