気楽に語ろう☆ 創価学会非活のブログ☆

創価学会の非活メンバーによる語り

日蓮本仏論から離れようよ☆

須田晴夫さんって

宮田幸一さんを目の敵にしてるみたい
そのさ
破折するとか
誰かを邪義にして
悪者にするって
いかにも昔の創価学会らしい
その発想が私はあまり好きになれない
須田さんが正義感から
語っていることは
よーく理解はできるんだけどね




悪いけど
宮田幸一さんって人は
創価学会が学術的に批判される際に
日蓮の文献学的立場から
創価学会を守ってきた人だよ
その人を悪者にして
反逆者と位置付けたいのかな?
彼は別に無節操な学会批判とかしてないよ








須田さんの論文は読んだけど
SGIで現況、日蓮本仏論が言われていない
ということに対する対応は全く
触れられていない
どーすんのさってこと




だからね
日蓮本仏論ってのは
日蓮正宗の中の
ただの日寛教学の一つに過ぎないんだと
そんな教義に固執してどーすんのさ




いや、別に固執してもいいけど
宮田幸一さんの議論と同居はできると思うよ
つまり仏教はブディズムとしての歴史
ゴータマ・シッダルタが説いたという
歴史的事実があって
それは否定できないじゃない?




じゃあ、私たちが日蓮本仏論
あえて固執する理由は何かって言えば
末法において
ただの漁師の子にしか過ぎない一僧侶が
実は仏としての境涯を持っていると
そのことを示して、
私たちにもまた一人一人
仏の命があるということを
解き明かした
その原理にこそ意味があるんじゃないの?





だから日蓮本仏論
原理として名前を変えて
私たち衆生にこそ仏の命があると
そのことを示したのが日蓮だと
そうすればいいじゃないかなぁ
いい加減、日寛の呪縛から離れようよ
そんでもって、
歴史的な仏教の開祖は釈迦でも
それはそれでいいじゃないですか。
それを釈迦本仏論だと言われても
私は原理がしっかりしてれば
別に問題ないと思う
だから根本の問題は
創価学会総体の教学の確立なのよ
それがグラグラだから
こんな事態を招いているわけでさ



私自身、日蓮は釈迦の本意が何であったのか
それを求めたのが日蓮だったと考えているし
だからこそ御本尊を
本門の教主釈尊と呼んだんだと思うし




そもそも日蓮の立場はあくまで
法華経末法の弘教を託された
地涌の菩薩の上首であるということなんだから




私は信濃町の当事者でもないから
気軽に語っているだけの話
実際に本当に
学会の教学を確定しようとしたら
それはそれは大変な過程を経て
議論を踏まえないといけないとは思う
ただそれは
現在の創価学会には無理でしょう






だからこうやって須田さんみたいな
正義感あふれる方が
必死になって語り出して
内輪揉めの様相になっちゃうのさ
ハッキリ言ってこれは内輪揉めで
自界叛逆難みたいな感じさえする





私は宮田幸一さんの本仏論の議論が
とてもよく理解できる
彼の本仏論がまだ確定されず
模索の域を出ないことは認める




けれどそれさえわからず
彼の述べていることが
ただの本仏論否定とか邪義と
感じてしまう人がいるということは
それだけ今の創価学会の中に未だに
日寛教学が肌の奥まで浸透して
底の底まで染み渡ってしまっている
その一つの証左のように
思えてならないんだなぁ。




本門戒壇論も
受持即観心も
聞法下種も発心下種も
基礎的な現在の創価学会の教学って
みーんなその基礎は
日蓮正宗26世の日寛なんだよ
早くその呪縛から逃れなさいって。