読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気楽に語ろう☆ 創価学会非活のブログ☆

創価学会の非活メンバーによる語り

池田名誉会長から離れること





今の創価学会の皆さんは

池田名誉会長という
人の思想から離れることが
必要だと思います




なんで池田先生に繋がらないと
信心ができないんですか?
その考えっておかしくないですか
そんなの御書のどこにあるんですか



これが学会員さん、できないんです
一線を引くことさえできない





池田思想が何を産み出しましたか?
結局、自分で考えることを
知らない幹部を生み出し
御書をろくに読みもせず
法華講から対論を求められても
対話を拒否することしかできない
そんな組織を生み出しました





池田先生
確か昭和51年だと思うんですけど
本門の新弟子を定めましたよね
でもそのお弟子さんたちって
みんなどーなったんですか?
みんな離れて行きましたよね
本門の新弟子第1号は
原島嵩さんでした






だから池田名誉会長は
本当の弟子を育てることが
できなかったじゃないですか
総括しないとダメですよ




今の創価学会
形骸化、官僚化を生み出した責任は
池田名誉会長にあるんです
やれ、幹部の誰それが悪いとか言っても
別にいいですけど
根本の責任は誰にあるか
それはもう明確に
池田名誉会長でしょう




私は別に池田名誉会長の
悪口を言ってるわけじゃないっすよ
別にそう思われても
全然平気ですけど(笑)
少なくとも池田名誉会長の指導によって
創価学会は勝利したかと言えば
今の創価学会を見れば
失敗でしたよね
敗北でしたよね
少なくとも勝利ではないですよね






そういうことです
今の創価学会が果たして
本当に
将来に残すべき真の和合僧団なんですか?
私、そんなこと全然思いませんよ
こんな魅力のない形式化した集金組織を
なんで将来に残すんですか(笑)







私、活動家の頃
本当に頑張って
池田名誉会長にお会いもして
ご指導も受けました
激励もたくさん受けてきました
恩も感じてます
私の父も昭和30年代から40年代にかけて
池田会長のそばで戦ってました
新宿の最高幹部でしたから
父が亡くなる前によーく話は聞きました
父だって恩は感じてるはずです






だからこそ
過去の失敗について
良くなかったことについて
総括しなければいけないんじゃ
ないんですかね
過去に盲目になれば
未来も見えなくなるんじゃないんですかね
特に昭和52年路線以降は
振り返ることが
たくさんあるでしょう






池田名誉会長の思想から
一度離れましょうよ
創価学会日蓮仏法を信奉する団体でしょ
じゃあ日蓮仏法を
学べばいいではありませんか
たとえ牧口会長といえど
人師・論師の釈に過ぎないわけですから







なんで池田先生に繋がらないと
信心ができないんですか?
その考えっておかしくないですか
そんなの御書のどこにあるんですか
法主上人猊下の教えを受けないと
正しい血脈の信心ができないっていう
日蓮正宗の教義とどこが違うんですか?





私たちは何の仏法を学んでるんですかね
池田先生の仏法ですか?




私は日蓮の仏法を信奉しています
池田名誉会長の仏法ではありません






「池田先生に繋がらないと信心ができない」
という不思議な考え方を
早く捨て去りましょう
我々が根本にすべきは蓮祖聖人です
池田名誉会長ではありません
名誉会長と呼吸を合わせる必要なんて
別にないです
そんなこと御書に書いてないです




ただ
池田先生に繋がらないと
信心ができないという方、
信心が不安だという方は
創価学会の今の組織で
選挙の支援活動でも組織改革でも
どうぞ頑張ってください
思想の違いを私は否定しませんし
尊重します




私個人は早く名誉会長の思想から
離れるべきだと思います。
池田名誉会長が
亡くなられてから気づくより
早めに総括した方が
私はいいと思います
だいたい後継の私たちに
基本的に、名誉会長はもう
任せているんでしょ?
じゃあ、もういいじゃないですか