気楽に語ろう☆ 創価学会非活のブログ☆

創価学会の非活メンバーによる語り

題目の唱え方と受持即観心について





「題目はただ唱えるだけでいいんすか?」
まあ、唱えるだけでも確かにいいです
でも観念観法の修行であることは
忘れてほしくないなぁ



「そんなこと言っても
日蓮の仏法は受持即観心でしょ」
「だから持って意味がわからなくても
ただ唱えればいいんでしょ」



それはまあ
そうとは言えるんですが(笑)
これがねぇ、受持即観心っていう教義で
この教義を作ったのは誰かっていうと
大石寺26世の日寛なんだと思いますね





「唱法華題目抄」に次のような文があります

「愚者多き世となれば
一念三千の観を先とせず
其の志あらん人は必ず修学して
之を観ずべし」
(御書全集、創価学会版、12ページ)




要するに
本当は一念三千の観を知るべきなんだけど
なかなかわかんない人も多いので
まずは唱えるだけでもいいよと
でも志ある人はちゃんと学んで
一念三千の観を理解しておきなさいと
そういうことです
だからちゃんと学ぶべきなんです



で、この御書は
文応元年(1260年)執筆ですが
佐渡以前だから
日蓮の御正意ではないと
切り捨ててしまった人がいます
誰でしょう?
大石寺26世の日寛その人です




詳しく読みたい方は
日寛「観心本尊抄文段」に書いてあります
富士宗学要集の4巻の223ページです
上に書いたようなことが書いてあります
長くてめんどくさいので
引用しません(笑)




で、まあ読んだ印象ですが、
日寛の言うことも
わからなくはないんです
つまり末法衆生がいきなり
一念三千の観を学べってのも非常識ですし
だからこそ日蓮
観心本尊抄」を著し
御本尊を著し
修行法を確立したと




でもね
観心本尊抄」を読んでも思うことは
最初は確かにわからないけど
まず題目を唱えるところから始めて
だんだんわかってくるんじゃないのって
子どもが乳を飲むように
だんだん育って
わかっていくって
ことなんですよ
唱えることだけで
確かにそれは一念三千の実践ですし
観念観法の修行と言えると思います
でもそれでだんだん
一念三千について考えを深めて
わかってくるってことだと思うんですよね




私は「唱法華題目抄」の先の引用を
安易に否定する日寛は
間違っていると思います
だいたい「受持即観心」という言葉は
御書にはないと思いますよ



ところが
「唱法華題目抄」の
創価学会教学部による
御書講義等の見解は
日寛の文段と全く同じ解釈なんですよ
つまり創価学会の教学が
どれだけ日蓮正宗、そして
日寛教学に染まっているかがわかります
私のあくまで個人的見解ですが、
私は今こそ日寛教学から
根本的に離れなくてはいけない
そう考えている一人です




たとえば「立正観抄」には
己心に妙法を観じて
観心の修行とするということが
書いてありますね





「但己心の妙法を観ぜよと云う釈なり、
然りと雖も妙法を捨てよとは釈せざるなり
若し妙法を捨てば
何物を己心と為して観ず可きや、
如意宝珠を捨て瓦石を取つて
宝と為す可きか」
(同529ページ)







こと御本尊の問題だけじゃなくて
簡単な教学の用語のことから
創価学会の教学って
ぜ〜んぶ日寛の教学なんです☆
五重の相対だって日寛の思想でしょ
だいたい「三重秘伝抄」を書いたのは
誰ですか?
ね? そういうことでしょ



日蓮正宗中興の祖、日寛を
別に悪者にする気はないですが
そこからもう私たちは
離れてもいいんじゃないですか
御書に書いてあることを
素直に読んで
それを根本にしましょうよ
なんで大石寺の管長の解釈に
従う必要があるんですか?
それは純粋な日蓮正宗
信徒になりたい方たちだけで
充分じゃないですか




だからやっぱり
ただ法華経を受持するというより
ただ御本尊にお題目を唱えるというより
心を落ち着けて
修行として唱えていきたいですよね
何かにとらわれて
呪文のようにお題目を唱えるだけなら
それは少し日蓮の正意とは
違うかなと思います




仏教哲学者として著名な
中村元氏の『龍樹』において
初期の大乗仏教運動が
どんなものであったかを
述べているところがあります



彼の述べるところによれば
旧来の仏教諸派は国王や富豪から
政治的、経済的援助を受け
広大な荘園を所有し
その社会的基盤の上に
成立していたそうです


これに反して大乗仏教
少なくとも初期は民衆の間より
盛り上がった宗教運動であって
荘園や土地を持ってなかった



で、大乗仏教は彼らの生活態度を
ひどく攻撃した
彼らは利己的であり、
小乗仏教」であるとしたわけです
56〜58ページ、
初出底本1980年、文庫版2002年)




ところが
大乗仏教運動は
その後の大衆の教化方法において
一つ失敗をしたと
中村氏は考えています


どういうことか
引用しましょう




大乗仏教の教化方法は、
当時の民衆の精神的素質
あるいは傾向に
適合するようなしかたに
たよらねばならなかった。
そこで仏・菩薩を信仰し帰依するならば、
多くの富や幸福が得られ、
無病息災になると説いている。
とくに注目すべきこととしては、
教化の重要な一手段として
咒句(陀羅尼)を用いた。
かかる教化方策は非常な成功を収めた。
しかし同時に大乗仏教
のちに堕落するに至った遠因を
ここにはらんでいるのである。」
(同書59ページ)



民衆を教化・折伏するのに
効果的でわかりやすいので
呪文を使ったわけです
お題目ですよね
昭和30年代〜40年代の
創価学会そっくりです
題目って陀羅尼ですもの
末法衆生にはわかりやすいですよね
でもそれが
のちに堕落した遠因をはらんでいたって
どういうことなんでしょうね?





私はお題目が根本だと思っています
でもお題目を
ただ狂ったように
呪文のように唱えるだけでは
違うと思うんですね
そうじゃないんですよ
なんで日蓮が末代幼稚の首にかけて
私たちに贈ってくださった
お題目が
そんな浅はかなものなんでしょうね




何度も言いますが
題目を唱えることは
観念観法の修行です
一念三千のまさに実践です
自分の心に素直に
題目を唱えること
ありのままでいくこと
そして自ら学ぶこと





一念三千の観を学ぶって
別に特別なこととは思ってません
日々の祈りで
そういう時間を持つってことです





そういう信仰を確立したいですね
私は良き先輩や仲間に恵まれました
ありがたいことです
決してその仲間は
創価学会の組織の
幹部なんかではありません
彼らに教わっても
自分の頭で考えていませんから
一念三千でも何でもありません
ただの借り物の
まじない宗教でしかないです




「この御本尊はすごいんだ」
「なんでも願いが叶うんだ」
そんなことは誰でも言えます
そんなおまじない信仰、要りません





法華経の行者日蓮』を読むと
よ〜くわかるんですが、
日蓮が生まれる前の
平安の時代までって
仏教がそれぞれ便利なおまじない
そんな感じになってたんですよね





恋をしたければ恋の祈祷
病気になったら真言密教お願いして
そんな感じのおまじないで
で、庶民たちには
苦しかったら念仏唱えようと
それじゃ日蓮じゃなくたって
信仰に純粋なものは
少なからず疑問を感じますよね
「釈迦の心はどこにあるんだろう?」
「本当の仏の心とはなんだろう?」と





だから日蓮比叡山に登って
一切経を繙読したんじゃないんですかね



「この御本尊はすごいんだ」
「どんな願いだって叶うんだ」
それしか言えない人たちから
早く離れましょう
おまじない信心なんて要りません




私たちに必要なことは
本当の信仰の確立です
「利根と通力とには
よるべからず」って
日蓮も言ってるじゃないですか。