気楽に語ろう☆ 創価学会非活のブログ☆

創価学会の非活メンバーによる語り

井の中の蛙。




いつもありがとうございます。



ところで、ツイッターにも書きましたが、内部の学会批判派には教義的なものが池田名誉会長と日寛教学しか残ってないんですね。
それに依存した信仰者を創価学会は大量生産してしまったので「名誉会長」と「日寛教学」を否定されると、彼らは怒り出すという精神性しか持ち合わせていません。そしてその矛先を信濃町の会長やら副会長に向けているというのが実態でしょうね。


つまり自ら「池田名誉会長」と「日寛教学」の二つしか知らず、それ以外の精神性について考えようとできない「井の中の蛙」状態になってしまっているんです。


まあある意味で純粋すぎるほど純粋な信仰の持ち主でして、その点については敬意を表しますが、結局のところ日蓮正宗と同じ精神性のロジックに陥っていることに気づかないんです。


日蓮正宗もまた自分たちの戒壇本尊や法水を絶対視する井の中の蛙ですが、その教義を大衆化して広めた結果、池田名誉会長の絶対視という結果になってしまいました。
まあとてもじゃありませんが、創価ルネサンスなんて言えませんよね。


日寛教学など中古天台口伝法門を盗用して作られた教義に過ぎませんし、日蓮本仏論など日寛によって構成された教義です。そもそも日有は日蓮本尊説ですし、日精もまた御影堂建立の際に日蓮本尊説に依拠した奉安を行いました。
日蓮本仏論は後世に現れた解釈に過ぎず、その実態は中古天台なのです。
そういったことも内部の創価批判派の方々は理解できませんし、理解しようとしません。
挙げ句の果てはそれを否定されると怒り出すというシンプルな精神性しか持ち合わせていません。その意味では法主を否定されると激昂し出す日蓮正宗の一部信徒とそっくりです。


つまり成立史的には創価学会日蓮正宗の「鬼子」なのです。日蓮正宗自体に教義の一貫性がなく、コロコロと変えてきたに過ぎませんから、「民衆仏法」という名の下にいろいろ師弟とか付随させてわかりやすくしてきたのが昭和52年路線だったのだと思いますよ。
で、純粋な方はそれら師弟主義が宗門により否定された、その極点を昭和54年の会長勇退と捉えるのです。
その反発で結局、「池田名誉会長」と「日寛教学」の二つしか残らないのは必然ですね。








広告を非表示にする

『総勘文抄』再読のために。






いつもみなさん、ありがとうございます。
さて、結構前にこのブログで書いたかもしれないのですが、実は日蓮の再読の可能性という意味で私は『三世諸仏総勘文教相廃立』に注目しています。


しかしながらそこに躊躇している理由は、そもそも『総勘文抄』に真蹟が存在せず、日蓮の直截の思想として判断するには問題が多いという点です。
「真蹟があれば本物で、なければ偽物」という乱暴な立て分けをしようとは思いませんけど、説得力に不足するのは事実です。



ただよく考えてみると『不動愛染感見記』が日蓮の真蹟で存在していて、覚鑁の『五輪九字妙秘密義釈』書写も真蹟が存在しています。

だから立場的に『五輪九字妙秘密義釈』の五輪=五体とする身体宝塔の思想の『阿仏房御書』や『三世諸仏総勘文教相廃立』を日蓮の真蹟の著作であるとして考察することは、あながち的外れな議論ではないですよね。


確かに『総勘文抄』には真蹟が存在しませんが、平賀本土寺に写本が存在しますし、また中山法華経寺の3世日祐『本尊聖教録』に記載があり、録内とされています。


ただ問題は、それだけで日蓮の本覚思想を語ろうとすると、真蹟に立脚していないことになり、立論としては客観性に欠けることになります。
ですから最終的には試論の域を越えないのですが、『総勘文抄』に説かれた存在論的思惟を独自の思想として考え直す作業を少しずつ始めてみたいと考えています。






危険思想になり得る日蓮。






いつもありがとうございます。




さて、正直に言ってしまうと、日蓮というのはある意味で「危険な思想家」であると思います。



歴史的にみても非常に「危険な思想家」というのは存在するものです。
例えばカール・マルクスやジャン=ジャック・ルソーなどは扱い方によっては非常に危険な思想家だと思います。


ルソーと言う人は『エミール』とかを書いた善良な教育者なんてイメージがありますけど、とんでもない。『市民政府論』で語られた彼の「国家意志」の考え方は、後のロベスピエール独裁制の理論的支柱になっています。
マルクスヘーゲル左派でしたけど、ルソーから少なからず影響を受けています。マルクス思想がエンゲルス思想、また共産主義思想との関わりもあり、扱い方によって危険なものであることはご承知の通りでしょう。


閑話休題日蓮の思想もまた過激であることは信者自身がよくご存知のことでしょう。「由比ヶ浜で念仏者の頸を刎ねよ」と言えてしまったり、他宗を徹底的に排撃したりします。
実際、日蓮思想は近代日本では国粋主義と結びつき、国柱会日蓮主義を生みました。
そもそも先日、ブログで書いたように、日蓮の視点は民衆ではなく国家や武家社会にあるわけで、それが思想的には容易に国粋主義に結びつきやすいんですね。


日蓮は民衆仏法ではない」


日蓮思想が国柱会、また北一輝石原莞爾大川周明等、国粋主義思想が日蓮思想と親近性が強かったのはすでに歴史が証明しています。
また「国家諌暁」と言えば、時の権力者に『立正安国論』を上程することであり、日蓮門流では多く行われてきました。
辻説法などというものは、後世に作られた単なる創作話であり、日蓮の真蹟遺文を見ても日蓮が"辻説法"をしたという記述は見られません。


ですから、日蓮思想のベクトルは徹頭徹尾「国家」に向かっており、それがややもすると国粋主義とか"国立戒壇"等、全体主義的傾向に陥りやすい。
加えて他の思想を徹底的に批判する傾向もあり、それが得てして過激な主張になりやすいことは、顕正会等をみればよくわかる気もします。





唱題は止観の代替。





いつもみなさん、ありがとうございます。


さて妙楽大師湛然は「止観」の意義を強調し、その上で「禅」については批判しています。



『止観輔行伝弘決』等から分かりますが、湛然の考える止観は、禅を包含するものであり、「禅」よりも「止観」の方が優れると湛然は考えていました。


『天台小止観』では「行住座臥」という用語が見られます。禅とは異なり、止観では日常生活の全てにおいて止観を根本に置くという考え方があります。坐禅の修行法を否定しているわけでもないのですが、それをもとにしつつも普段の日常生活から止観による視点で見ていくということが考えられています。


そこから考えると日蓮の『唱法華題目抄』における「行住座臥」という用語からは、"末法"という時代に「禅」を包含した「止観としての唱題行」という考え方を見出すことができます。


つまり日蓮にあっては止観は唱題行に換言されているということです。
法華経の題目を根本にすることで、湛然における止観に替えるという考え方があったと推察できます。


とすると日蓮の禅批判は湛然の禅批判を前提にしているのかもしれませんね。
禅よりも止観が優れており、止観の代替として唱題行を持ってくることができるなら、日蓮の考え方は唱題を止観の代用として考えたと言えるでしょうね。








広告を非表示にする

日蓮は民衆仏法ではない。




いつもありがとうございます。


さて真蹟遺文中から判断される日蓮の思想は、とても民衆仏法とは言えません。
日蓮は民衆を相手にしていません。日蓮が相手としているのは武家社会であり、鎌倉幕府です。


民衆が嘆いているからこそ国にはすべきことがある、という視点は日蓮に存在します(例えば『立正安国論』や『守護国家論』がそうですね)。しかしそれだからといって日蓮の思想を"民衆仏法"とするのは早計でしょう。


遺文からみても日蓮が民衆と交流したという形跡など少しも見出すことはできません。
つまり日蓮の思想は民衆仏法ではないのです。
題目という修行法を作ったことは事実です。しかしそれは易行道の一つとは言い得るかもしれませんが、それが直ちに民衆仏法であるとは言えないでしょう。


『一代五時図』などから明らかなように弟子たちには講義のための図を表し、天台の五時八教説から経典を判釈して教えていました。相手は弟子か武家等であり、文字が読めるものたちです。武家の尼たちには仮名書きで書いています。
日蓮が民衆と交流したとされる証拠は何一つありません。武家に対して大師講を開き、布施供養を頂いたら返礼の手紙を出すに過ぎません。


日蓮の著作は民衆に読めるものではありません。事実、創価学会の方はほとんど読めていないではありませんか。
守護国家論』とか内容をちゃんと把握しているのでしょうか。そもそも『立正安国論』は『守護国家論』を要約したものです。そういったこともきちんと知るためにはある程度の学習が必要です。ですから『立正安国論』にせよ『守護国家論』にせよ、鎌倉幕府武家を相手に書いたものであって民衆を相手になどしていないのです。
日蓮の遺文には「民衆が中心」という視点は存在しません。日蓮のスタンスは国家をどうするか、その思想的基盤をどうするかというところにあります。


創価学会が勝手に言っている「民衆の教学」とか「誰でもわかる仏法」などというものは日蓮の考え方ではありません。日蓮の思想はそもそも民衆に向いていません。日蓮が意識していたのは常に国家であり、武家社会なのです。
いいかげん、創価学会が勝手に主張している「民衆仏法」という概念を日蓮から切り離した方がよいと思います。


上部構造としての創価学会。




いつもみなさん、ありがとうございます。



創価学会の公称の世帯数は872万世帯のようですが、これがここのところ少しも増えていません。
つまり組織的には停滞していると言えます。


これは創価学会だけでなく、いわゆる昭和の新宗教教団たちも信者数を減らしています。
PL教団も信者数は半減したようですし、PL学園の野球部が廃部になったこともご記憶にあるでしょう。
立正佼成会霊友会も教団の信仰を次の世代に継承することの難しさに直面しています。


その中でも創価学会は信仰を若い次の世代に継承させることに比較的成功してきた団体です。その団体が今や青年層を獲得することの難しさと未来部の実質的壊滅という事態に直面しているわけです。



以前、書いたように私は、創価学会という存在自体が昭和の高度経済成長の時代に現れた一つの社会的運動だったと考えています。

「歴史的役割の終わり」



カール・マルクスの『経済学批判』の序文には「上部構造と下部構造」の考え方がみられます。
これは思想や精神性、政治状況、文化といった社会の「上部構造」は、経済や生産諸関係といった社会の「下部構造」から規定されるということです。
つまりその時代の思考や精神性とか流行とかいうものには一つのパラダイムが存在していて、その前提には経済的な生産諸関係が深く存在しているということになります。
ですから生産諸関係が変化していくにつれて社会の「上部構造」は必然的に変わらざるを得ないとマルクスは考えているわけです。


そう考えた時に、昭和の高度経済成長の中で生まれた運動としての創価学会は、もはや前提となる「下部構造」を失っていると言えます。
教義が古臭くなるのはそういう理由ですが、信濃町の本部職員は必死に海外のSGI組織を聖教新聞紙上でアピールし、現代的な仮面をつけることに一生懸命です。


形式というのは時代に応じて変わっていくものです。
だからかつての創価学会というものは昭和の高度経済成長期に現れた思考の一つの運動であったわけで、もはやその歴史的な役割は終わっていると言ってよいでしょう。

昭和54年の辞任問題。




いつもみなさん、ありがとうございます。



さて昭和54年に池田会長は会長職を退くことになります。多くの活動家なら周知のことでしょう。




で、当時の本部の幹部連中は誰一人、池田氏を擁護せず「辞任すべき」としたんです。
これはどういう意味かわかりますか。
要するに池田会長に責任と問題があったんです。幹部連中もほとほと呆れてしまったんです。
池田氏は当時よく大きなことを突然語り、幹部たちからは「大風呂敷」と呼ばれていました。私の父もよく言っていましたよ。




当時の池田会長は昭和52年路線で
創価学会は在家でありながら供養を受けられる」
「宗門は儀典を行うだけの存在」
としてしまいます。
これが宗門を怒らせたんです。
そりゃ当たり前ですよね。



挙げ句の果ては勝手に御本尊を模刻して、法主も呼ばずに会長自身で開眼供養までやってしまいます。つまり宗門のメンツは丸つぶれということです。




私は思想的に在家中心の教団でいくというなら、それはそれで思想上の自由ですし、その考えは認められるべきだと思います。
ただ問題なのは、当時、創価学会日蓮正宗講中組織だったということです。
昭和52年問題で完全に宗門を批判して離れていたなら、その発言はよく理解できます。
しかし少なくとも当時は教義の決定権は宗門にあったわけで、信徒団体としてあまりに宗門をないがしろにした発言であったと言わざるを得ません。
それなら中途半端なことをしないで、当時の昭和52年に全面的に宗門とやり合えばよかったではありませんか。



つまり当時の池田会長は総本山を創価学会の儀典部扱いにしておきたかったんです。
確かに折伏を怒涛のようにやってたのは、法華講ではなく圧倒的に創価学会の方でした。日蓮正宗なんて折伏ぜんぜんできません。
だから思い上がってしまったのかなって気がします。
で、信徒団体からそんな失礼な扱いをされたら、そりゃ宗門も怒りますって(笑)。


で、大牟田の福島源次郎氏の僧侶愚弄の発言があり、池田会長の監督責任を問われたんです。
私が言いたいことは、当時の池田会長に責任があることは明らかであり、池田氏の発言に問題があったということです。福島氏の発言はあくまで導火線に過ぎません。その前に前提として池田会長の52年路線の発言と日蓮正宗からの教義逸脱があったことは決定的な事実です。
どうしても「仏教史観を語る」のような主張をしたいなら、当時から完全に宗門から離れればよかったではありませんか。
それを表面上は宗門を尊敬するような口ぶりで語ってきた。そこに問題の本質があります。



だから当時の幹部たちが呆れかえってしまったんです。これではもうどうしようもないと。
責任は明確に当時の池田会長にあります。




まあ、それは池田氏の思想的なものなので、それを宗門との微妙な関係の中で主張したかったというのはまだ理解できます。
さらなる問題は「悪侶によって攻撃された」と言い張り、あたかも自身が被害者のように語っていることです。
違います。池田会長に問題があったので辞任せざるを得なくなったのです。




昭和54年の本質は、池田会長の宗門蔑視の思想によるものです。
私は現今の形骸化した大石寺に何の共感も持ちません。ただ当時の池田会長が自ら宗門の許可なく御本尊を模刻して、会長自身で開眼供養までやったから宗門から怒られたということは筋としてわかります。当たり前でしょうね。
挙げ句の果ては「宗門じゃなくて学会に供養すべき」なんて信徒団体から軽々に言われたら、宗門としては当然怒りますって。
それを被害者であるかのように装う池田名誉会長の態度は欺瞞です。
だって「皆で仲良くやっていけ」という戸田会長の遺言があって、一生懸命幹部陣だって池田会長を守ろうとしたんですよ。
それでも開き直る池田会長の態度に幹部連中が呆れてしまったというのが事の真相です。だから誰も会長辞任に異を唱えなかったのです。
責任の全ては池田氏にあります。
池田氏が偉大な指導者であるとか、戸田城聖の唯一の弟子であるというわけのわからない幻想はもう捨てましょう。戸田氏は池田氏を後継者に指名したことなどありません。
エレベーターの中で戸田城聖から相承があったというのは小説『人間革命』の作り話です。
そもそも戸田氏に「城」の字をもらって名前をつけてもらったのは秋谷栄之助氏と渡部一郎氏です。それぞれ「秋谷城栄」と「渡部城克」という名前だったのが、池田会長が元に戻すように命じただけのことです。



池田会長の52年路線の発言に大いに問題があって、その後、創価学会は山崎正友氏というとんでもない男につけこまれることになります。




追記:
山崎正友氏は最高幹部でありながら3億円の恐喝を創価学会に対して行いました。原島嵩氏が後年山崎氏と行動をともにしたのは、彼の晩節を汚す行為だったと私は考えています。
以前、このブログでも書いたように財務制度が目的も何もない金集めになるのはちょうど正本堂建立以降、昭和47年以降のことです。
結局、学会幹部もお金に狂っていったんだろうなって思います。
そりゃそうです。昭和47年当時に一週間で355億円の金が集まったら誰でもおかしくなりますよ。